シニア起業には「時間の強み」だけで3つある

お金の話の予定でしたが

今回も強みの話を続けます。

Success

シニアには、これまで使った「時間=実績がある」

これは誰でも、認識していますよね

さらに、シニアのこれからの

「時間」

も強みなのです。

これまでと違っって、自分自身で集中的に「時間」を使うことが出来るからです。

とここまで、前回お話しました。

さらに、

これまで使った「時間」の経験が、これからの時間の使い方(もう少し言えば配分)が強みになるのです。

これまでの経験を活かせる強みです。

NLPコーチングでは、タイムラインというスキルを使ってこれを引き出します。ネクストステージ、シニア起業サクセス塾でお話します。

 

では時間を含め強みを考えてみましょう

「強み」とは

1.長所、人よりよくできる。得意

2.時間を忘れて没頭できること

いずれも、うなづけます。

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾では

ネガティブマインドが強みになる

と考えています。

ネガティブな気持ち、状況を乗り越えた。

その経験こそが「強み」と考えています。

「ネガティブマインドを乗り越えた強み」を伝えましょう。

「ネガティブマインドを乗り越えた」その時、あなただけでなく、周りの人の強力があったのではないですか。

なぜ、周りの人は協力してくれたのでしょうか

なぜ、あなたはネガティブマインド(状況)を乗り越えたのでしょうか

乗り越えたその意味は

せっかく掴んだ「ネガティブマインドを乗り越えた強み」

を伝えましょう。

シニアだから引退してその強みは埋もらすのですか

リタイアしたからといって、これからもずっとその強みを忘れるのですか

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾で起業して、あなたの強みを伝えてください。

そして、望ましい21世紀をつくりましょう

ネガティブマインドを乗り越えた、それを明確にするのもネクストステージ、シニア起業サクセス塾ではNLPのスキル、タイムラインとニューロ・ロジカル・レベルを使います。塾では引き出すHow toを伝えます。

 

次回は、人・もの・金 から お金。

次回もお楽しみに。

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾

56歳シニアSE起業2期目 サービスを体系化

前回紹介しました、マネジメント+コーチング=VSP:Vision Strategy Program

として体系化できました。

この実績は

 

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾 実績

というもので、これまで50組織の効果実績があります。(大手企業の場合は組織単位の導入もあるため、組織単位での表現にしています)

ここでお伝えしたいこと、それは

シニアにはこれまで使った

時間・実績

という強みがある。

ということです。ですから、私の場合のように短期間で体系化(フレームワーク化)できるのです。

実は、シニアにとってこれからの

時間 

も強みなのです。

私がそうであったように、自分で時間を集中的に使えるのです。

若手、ミドル、勤め人であればしなければならない、報告書、事務処理等一切を無視 して自分の思う起業のための仕事に集中できるのです。

これこそ強みです。

ここまで、つまり自分の提供するサービス価値、製品価値を体系化する、体系化してホームページでアップことをネクストステージ、シニア起業サクセス塾では考えています。起業前にここまでしておきましょう。とくにシニアはこれこそが強みですから。

経営の3大要素、人・もの・金 ということはご存知と思います。

今日の話は、「もの」つまりビジネスで提供する、サービスや製品とそれが提供する価値までを起業前に準備しましょう。

というものでした。

【補足 ウィル e・ラーニングJapan】

このページの最初にあります、ウィル e・ラーニング講座ですが

約30講座ほどあります。

コミュニケーション、コーチング、マネジメント、リーダーシップ等です。

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾に入塾サれた方には

全講座

無期限

でご利用いただけます。

今後できる講座も同様です。

塾生の皆様が起業前、そして起業後の販促に使っていただけます。

どんな講座があるかですが

SE,エンジニア,技術者組織のコミュニケーションを良くして業績を2倍にするプログラムVSP

サービスコースリスト

があります。こちらの講座すべてです。

サンプル講座がありますので、そちらを参照して下さい。

サンプル講座でも結構見ることができます。

 

次回は、人・もの・金 から お金。

次回もお楽しみに。

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾

56歳シニア起業 2期目は給与月8万円

さて2年目は本業のコンサルに集中する。

これをテーマでスタートを切りました。

具体的には何をしたかといいますと。

約1年前にトレーナーコースを受講しました「NLP」をコンサルに活用するにはどうしたらいいかを考えていました。

(補足)NLPのトレーナコースというのは、

プラクティショナーコース(基礎編)

マスターコース(応用編)

トレーナーコース(指導員育成)

というステップになります。

従いまして、トレーナーコースを卒業し、

100時間のNLP講師実績と指定されたセミナーを受講すればNLPの資格を与えることが出来るコースを開催する事ができます。

マスターコース卒業でも、NLPの講師はできます。資格は授与できませんが。

ということで、NLPのセミナーは3つとも受講しました。

私は、コンサルタント、コーチであり、講師ではありませんのでNLP講師にはあまり興味はありませんでした。

NLPのマスターコース、トレーナーコースに来ている人の多くは、現在の仕事のプラスアルファにNLPを考えているようでした。

ということもあり、コンサルにNLPをいかに活用するか。

が私のテーマでした。

そして、体系づけたのが下の図です。

左のマネジメントは、従来から携わってきました中小企業診断士、JQA:日本経営品質向上プログラム、関学IBAといったマネジメント・アプローチ。

右側がNLPのコーチング・アプローチです。

はい。そうなんです。

NLPコーチングがカバーする領域の方が広いんです。

 

実は、これで長年のなぞが解けたのです。

従前のマネジメント・・アプローチで必ずぶつかる「人・組織」の問題はマネジメントだけで解決するのは難しかったのですが、NLPコーチング・アプローチを加えることで、強力なプログラムに仕上がったのです。

なぜ、マネジメントとNLPはこうもスムーズに繋がったのか。

JQA:日本経営品質向上プログラムではビジョン(ありたい姿)から現状を見る。価値前提といいます。現状に矢印が向かっています。

NLPでは、ビジョンへラポール。(信頼関係を創る)

このスタート時点の考え方が一致していたからです。

 

もう一度、マネジメントとコーチングの図を見て下さい。

マネジメント・アプローチにはビジョンの導き方とやる気の維持向上がありません。

多くの経営コンサル、中小企業診断士の人はこのふたつの How To はもっていないのです。(だから、診断士の方この塾で学ぶ値打ちはあります)

NLPにはここの How To があるのです。NLPが他のコーチングと格が違うのはここです。

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾では、じっくりここをやります。

ビジョンを導く How To は3つあります。ご自分に合う方法がみつかります。

ご期待下さい。

 

次回は、マネジメント+コーチング=VSP Vision Strategy Program についてもう少し語らせて下さい。

次回もお楽しみに。

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾

2013/8/31 55歳シニア起業初めての決算から学ぶ2つの事 衝撃の記事 自営業者が最短 悩みから2年で自殺

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾 自演業者
毎日新聞 夕刊 平成25年4月2日

上記の新聞は最悪のケース。

こうならないために、事前の知識とリスク回避シナリオが必要です。

上記の切り抜きは、私が起業した時家族が私に手渡したものです。

起業、自営業者が悩みをもってから自殺にいたるまでの期間が最短と記事に載っています。

 

はじめての決算です。

当然なのですが、企業活動は結果つまり決算に反映されます。

私は、2013年3月に起業しました。

その時決算を8月としました。(コンサルのアドバイスより)

従って、はじめての決算は6ヶ月の変則決算となりました。

これまで、おはなししたように本業のコンサル業務の立ち上げが遅れたため

数十万円の赤字決算となりました。

で、コンサルにいわれました。

1.次年度は役員報酬は無し。黒字転換するまで

2.現在の税理士は変える事。私の意向を尊重して大塚商会時代の知人税理士に頼んでいるが、赤字に対する警告が見られない

となりました。

1.に関して、

なにより本業の遅れ。これが第一です。起業前後はなにより

「集中」

そして、利益の確保。

つまり、自分の給与をもっと下げるべきでした。

大塚商会時代の6掛けに給与を設定したのですが

甘かった。

半分以下、でよかった。

(勿論、どれだけ売上、利益を出せるか。という見通しをベースに考えるわけです。私の場合は、その見通しからいって4掛けくらいが妥当だった)

それに、あたりまえですが。

個人的には、1年前の所得に対する住民税があります。

知らなくて、悔しかったのは、健康保険の金額です。

こちらも、大塚商会の健康保険を継続したため大塚時代の6掛けの所得に比べ割高でした。

そして、2年目の役員報酬はほぼゼロ、実際は8万円でした。

なぜか、この金額なら住民税=0、健康保険、厚生年金は最低額になるからです。個人の立場で書いていますが、健康保険、厚生年金は会社が半分負担しますので、会社の経費を抑えるという意味です。

実は、このコンサルのアドバイスは2期目に

効きました!

「赤字を出す社長に報酬は無い」(勿論私の場合です)

NLP的に言えば、潜在意識にど~~~んとはいりました。

2.に関して

税理士をかえました。知人の個人税理士から組織的な税理士へ。顧問料もあがりましたが。

そして、新しい税理士にいわれました

「毎月報告をします。そこでチェックしていきましょう。利益、報酬に関する当税理士事務所の考え方、黄金比率をお話します」

専門家に任すとは、こういうことなのでしょう。

黄金比率はネクストステージ、シニア起業サクセス塾でお話します。

次回は、本丸のコンサルティングについてです。

次回もお楽しみに。

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾

2013/3/11 55歳シニア起業直後の学び

失敗は無い。フィードバックがあるだけ。
NLPではそう考えます。

では、起業したときにやった就活支援は何を教えてくれたのか。

学び1.これまでの人のつながり
高校、中学のときの友人がたすけてくれました。
今でも感謝しています
これまで生きてこれたカリを、なにか返そうと起業しましたが
ツケはたまる一方でした

学び2.アルバイトを雇う
リクルートに頼んでアルバイトを採用しました

リクルートのような大手に、私のような1人か2人のアルバイトの採用を頼むのは不向きでした。

問い合わせが多すぎて、対応できませんでした。

それに高額です。私にとっては。

最初に採用した立命館の2人がとてもよくやってくれました。

また、阪南大学のグループと知りあえたので、

それ以降は、リクルートではなく彼らに紹介をおねがいしました。

Good!

グランフロントは起業には良かったと思います。

からだひとつでOK

業務に集中できました

机、イス、キャビネット
電話、インターネット
受付

すべて揃っています。

上の写真にある、20名ほどのセミナーをするスペースも予約できました。

下の写真のように、4〜6名なら事務所できがねなくミーティングできました。

 

学び3 西向きの部屋は、暑くて夏はやってられません。借りるときはご注意。

 

肝心の娘は、やはり就職には苦労しました。

仕方ありません。親の私もそうでしたから。

そういう意味からも、大塚商会は良く私を採用してくれました、感謝します。

娘も苦労の末就職できました。このあたりで就活支援の話は一旦区切りとして

次回はお金の話をと考えています。

決算です。

次回もお楽しみに。

2013/3/11 55歳シニア起業直後の失敗1

起業後、いきなりいくつかの失敗をしました。

といいますか、この5年間マネジメントの8割が失敗で2割が上手くいった。

というのが実感です。

ここでお断りしますが、NLPコーチングでは「失敗」という考え方はしません。「望ましい状態と違う結果のフィードバックを受けた」

と考えます。

そしてどうすればいいか。このフィードバックは自分に何を教えているのか。と受け取ります。

「失敗はない。フィードバックがあるだけ」

これがNLPの考え方です。

この考え方があるので、どれほど助けられたか。どれほど助けのアドバイスができたことか。ネクストステージ、シニア起業サクセス塾ではこのNLPコーチングの基本をお話します。実は基本前提といいます。今日は、この辺で。

失敗その1.

チラシの失敗。

「誤字、脱字」・・・

しかも、単位あたりが安いからと大量発注。

なにせ文章のチェックが下手なもので。

あれ以降、印刷物はできるだけ避けてホームページで。

印刷する場合は少し足りないくらいの部数で。

を心がけています。

 

失敗その2

起業当初「ワークプレジャー、Workpleasure」という、就活生向けの就活支援をやっていました。2013年当時はまだ、就職にみなさん困っていたので。

1年間で10名ほどしか、仕事になりませんでした。

でも、10名は就活成功してとても喜ばれました。

これはNLPコーチングとマネジメントのパワーですね。

この2つをもつ、キャリアカウンセラーはまずいませんので。

でも、ビジネス的には全く収益が出ず失敗。

この時の教訓が2つあります。

ひとつは、大塚商会時代一緒に仕事をした人からこう言われました。

「なぜ奥野さんは企業コンサルというキャリアがあるのにそれを全面に出さないのか」

そうなんです。起業時は自分の最も得意なものをださないとビジネスモデルがまわりません。

ですから、このアドバイスもあり市場も売り手市場に転換しているので、就活支援は1年でやめました。コンサルに集中です。

そして2つめ、これは怖いですよ。

人と同じで起業も第一印象は強烈です。

1年しか就活支援をしていないのに、勿論その一年もコンサルはやっていました。

なのに、

起業後3年4年となっても、「奥野さん就活支援しているんですよね」

と言われました。

第一印象。

強烈だからこそ、それを使うのです。

今ならこうやってお話できます。当時は意識すらなかったというのが正直なところです。

 

さて、なぜ就活支援をしたか。

じつは自分の娘が就活の年だったのです。

きっと苦労するだろうな。

そして苦労してました。

いくつか自分が主催した就活イベントに参加させました。

成果はなかったようですが。

 

そして、これらの失敗は大きなツケとなったのです。

それは次回ということで。

 

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾

の説明会日程を決めました。

3月10日、17日(土) 14:00〜16:00です。

いずれかご都合のよい日に来て下さい。

お申込みはホームから

お楽しみに。

 

2013/3/11 55歳シニア起業直後の2大テーマ

前回事務所の話をしましたが、ひとつ大事なことを忘れていました。

事務所を持つと、信用が高まる。

でした。

会社の住所、電話、銀行口座

が有ると無いではちがいますよね。

実は、それ以上に自分自身の認識が違うのです。

責任感。

私の場合はそうでした。

1月末で退職してから、5月10日までは事務所無し。

3月11日からは株式会社を登記。

5月10日からは事務所は大阪市北区です。

自分自身の認識が違ってくるのです。

名刺を出す。名乗る。

その都度、起業した責任感を気持ちよく感じました。

心地良い緊張感です。

 

そして名前

ネクストステージ、シニアの起業サクセス塾といえば

なるほど。ですよね。

どんなサービスか分かります。

ですから、興味の有る方は

「具体的には」

「特徴は」

「値段は」

「実績は」

「自分でもできるのか」

とお客様自身がコミュニケーションの準備をしてくれます。

一方、若い人は「私はシニアじゃない」と見向きもしないことでしょう。

「うちの上司に紹介するか」はあるかも。😁

 

メールアドレスはおくのウィルサクセスです。okuno@willsuccess.co.jp

社名はウィル株式会社です。

自然ですよね。

なまえの考え方にはフレームがあります。これを知った上で考えていただきたいと思います。

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾

ではじっくり考えて頂きます。

お楽しみに。

 

 

2013/3/11 55歳シニア起業直後にできた問題の火種

55歳 シニアの私は、コンサルのアドバイスもあり事務所をもちました。

現在では、私が事務所を持つようにアドバイスしています。

事務所を持つか持たないか。

どう判断したらいいのか。

そう考えると思います。

ですが、事務所に限らず起業後はすべて投資と考えます。

ですから、投資に見合うリターンが生み出せるか。と考えるのです。

「事務所経費が賄えるだろうか」

ではなく

「事務所があることでどのようなビジネスモデルを考えることができるか」

です。

「事務所経費が無い方が・・・」

と思う気持ちはわかります。

ですが、事務所経費も賄えないなら

そもそもそのビジネスモデル自体に問題がある。

と考えます。

これはこのあたりで、

 

今日は、大いなる自己反省(ネガティブマインド)がテーマです。

起業当時、気軽に考えていて現在までひきづる息の長いテーマ。

何だと思います?

実は、「名前」なのです。

私の場合、

社名は、ウィル株式会社です。

私の名前は奥野 智洋。

メールアドレスは、okuno@willsuccess.co.jp

このホームページの主要サービス名はネクストステージ。

そうですよね。

こんな、やりかたもできたと思います。

会社名 奥野シニア起業サクセス塾

メールアドレス okuno@senior.com

サービス名 シニア起業サクセス塾

会社名、サービス名が一体と成っている。

よくありますよね。

◯◯税理事務所、◯◯会計事務所、◯◯ベーカリー、◯◯コンサル・・・

でも、何事も一長一短があります。

もし、会社名を奥野シニア起業サクセス塾。としていたら

シニア起業、以外のサービスは難しくなります。

でも、起業当初は事業範囲を絞ることはいいことだと思います。

つまり、どちらが・・・ではなく

あなた自身がどんなビジネスプランをつくるか。

それが重要なのです。

私は、ウィル株式会社ですのでこれまで

SE、技術者の組織活性化コンサルとウィル e・ラーニングJapanをやりました。

今回、シニア起業サクセス塾のネクストステージをします。

ではその「名前」ですが、もう少し具体的にいうと

何に影響があるでしょう。

名刺・・・Yes

チラシ・・・Yes

現在もっとも影響力があるのは、ホームページアドレスなのです。

ですから、当塾のカリキュラムにはホームページ作成の時間をとっています。

このWordpressを使った内容です。

ですから、無料で早期にマスターできます。

お楽しみに。

では、次回も失敗(ネガティブから学ぶ)をテーマにお話します。

 

 

 

 

2013/3/11 55歳シニア起業 信用の秘訣は事業計画書

グランフロント大阪に事務所をもつには、審査がありました。

私の場合は即「OK」でした。

その理由は「事業計画書」を直に提出できたからです。

今から作ります。ではなく、「事業計画書あります」が決め手です。

私自身が企業のコンサルをしていますので、これは十八番でした。

ですから、これから起業をサれる方には最終的に「事業計画書」を作成していただきます。

ご期待下さい!

さて、事業計画書は良かったのですが今振り返って考え方が甘かった。と反省することがあります。

コンサルの方がいたので、助かっていますが自分なりに考え方が不十分でこの5年間活用できていない。と反省することがあります。

それは、次回お話します。

グランフロント大阪。お世話になりました。

 

補足です。

株式会社設立となると、社会保険労務士など専門の方にお願いできることも多いのですが、自分でやらないといけないこともあります。

法人の銀行口座。

これも時間がかかりました。勿論登記後でないとつくれません。

銀行の窓口の方に言われました。

「金融庁の指導もあり、法人口座開設はきびしくなっています。ところで、奥野さんはコンサルといわれていますが、コンサルができるということを証明してもらえますか」

「ちょっと、びっくりの質問でした。コンサル出来ることを証明する。私の場合は中小企業診断士の証明書(カード)をもっていましたので、それを見せました」

「はい、結構です。コピーをとらせていただきます」

一見落着。

でも、時間がかかりました。

2013/3/11 55歳シニア起業 会社設立 事務所はグランフロント大阪

退職から起業(会社登記)まで、約2ヶ月かかりました。

私自身、起業に関してコンサルがいました。

起業に関わる、事務処理はコンサルのアドバイスもありすべてお願いしました。

私は、起業とビジネスを軌道にのせることに全力をかけました。

事務所は持ったほうが良い。

これは、早くに決めました。その理由が重要なのですが、それはネクストステージ起業塾でお話します。

では、どこに事務所をいくらでかりるのか。

コンサルの方のすすめもあり、グランフロント大阪にオープンと同時にはいりました。と言いますか、入れました。

勿論少し高い費用がかかります。その費用を上回る「信用」が得られたのです。

グランフロント大阪に入るのに審査がありました。それをパスできたのです。

その時のお話は次回に。

起業、登記から事務所オープンまでまた2ヶ月かかりました。

事務所はゴールデンウィーク開け、5月6日になりました。

 

退職の翌日、2013年2月1日。

前職でお世話になった、お客様に今度はウイル株式会社の代表として仕事をさせていただきました。前職のパートナーだった方も昨日までと同様に同席して仕事をさせていただきました。

昨日と今日では違う。

でも、お客様も前職のパートナーも私にこれまでと何ら変わらず暖かく接してくれました。

嬉しかったです。今もよく覚えています。

ありがとうございました。