2013/3/11 55歳シニア起業 信用の秘訣は事業計画書

グランフロント大阪に事務所をもつには、審査がありました。

私の場合は即「OK」でした。

その理由は「事業計画書」を直に提出できたからです。

今から作ります。ではなく、「事業計画書あります」が決め手です。

私自身が企業のコンサルをしていますので、これは十八番でした。

ですから、これから起業をサれる方には最終的に「事業計画書」を作成していただきます。

ご期待下さい!

さて、事業計画書は良かったのですが今振り返って考え方が甘かった。と反省することがあります。

コンサルの方がいたので、助かっていますが自分なりに考え方が不十分でこの5年間活用できていない。と反省することがあります。

それは、次回お話します。

グランフロント大阪。お世話になりました。

 

補足です。

株式会社設立となると、社会保険労務士など専門の方にお願いできることも多いのですが、自分でやらないといけないこともあります。

法人の銀行口座。

これも時間がかかりました。勿論登記後でないとつくれません。

銀行の窓口の方に言われました。

「金融庁の指導もあり、法人口座開設はきびしくなっています。ところで、奥野さんはコンサルといわれていますが、コンサルができるということを証明してもらえますか」

「ちょっと、びっくりの質問でした。コンサル出来ることを証明する。私の場合は中小企業診断士の証明書(カード)をもっていましたので、それを見せました」

「はい、結構です。コピーをとらせていただきます」

一見落着。

でも、時間がかかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。