2013/3/11 55歳シニア起業直後にできた問題の火種

55歳 シニアの私は、コンサルのアドバイスもあり事務所をもちました。

現在では、私が事務所を持つようにアドバイスしています。

事務所を持つか持たないか。

どう判断したらいいのか。

そう考えると思います。

ですが、事務所に限らず起業後はすべて投資と考えます。

ですから、投資に見合うリターンが生み出せるか。と考えるのです。

「事務所経費が賄えるだろうか」

ではなく

「事務所があることでどのようなビジネスモデルを考えることができるか」

です。

「事務所経費が無い方が・・・」

と思う気持ちはわかります。

ですが、事務所経費も賄えないなら

そもそもそのビジネスモデル自体に問題がある。

と考えます。

これはこのあたりで、

 

今日は、大いなる自己反省(ネガティブマインド)がテーマです。

起業当時、気軽に考えていて現在までひきづる息の長いテーマ。

何だと思います?

実は、「名前」なのです。

私の場合、

社名は、ウィル株式会社です。

私の名前は奥野 智洋。

メールアドレスは、okuno@willsuccess.co.jp

このホームページの主要サービス名はネクストステージ。

そうですよね。

こんな、やりかたもできたと思います。

会社名 奥野シニア起業サクセス塾

メールアドレス okuno@senior.com

サービス名 シニア起業サクセス塾

会社名、サービス名が一体と成っている。

よくありますよね。

◯◯税理事務所、◯◯会計事務所、◯◯ベーカリー、◯◯コンサル・・・

でも、何事も一長一短があります。

もし、会社名を奥野シニア起業サクセス塾。としていたら

シニア起業、以外のサービスは難しくなります。

でも、起業当初は事業範囲を絞ることはいいことだと思います。

つまり、どちらが・・・ではなく

あなた自身がどんなビジネスプランをつくるか。

それが重要なのです。

私は、ウィル株式会社ですのでこれまで

SE、技術者の組織活性化コンサルとウィル e・ラーニングJapanをやりました。

今回、シニア起業サクセス塾のネクストステージをします。

ではその「名前」ですが、もう少し具体的にいうと

何に影響があるでしょう。

名刺・・・Yes

チラシ・・・Yes

現在もっとも影響力があるのは、ホームページアドレスなのです。

ですから、当塾のカリキュラムにはホームページ作成の時間をとっています。

このWordpressを使った内容です。

ですから、無料で早期にマスターできます。

お楽しみに。

では、次回も失敗(ネガティブから学ぶ)をテーマにお話します。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。