2013/3/11 55歳シニア起業直後の失敗1

起業後、いきなりいくつかの失敗をしました。

といいますか、この5年間マネジメントの8割が失敗で2割が上手くいった。

というのが実感です。

ここでお断りしますが、NLPコーチングでは「失敗」という考え方はしません。「望ましい状態と違う結果のフィードバックを受けた」

と考えます。

そしてどうすればいいか。このフィードバックは自分に何を教えているのか。と受け取ります。

「失敗はない。フィードバックがあるだけ」

これがNLPの考え方です。

この考え方があるので、どれほど助けられたか。どれほど助けのアドバイスができたことか。ネクストステージ、シニア起業サクセス塾ではこのNLPコーチングの基本をお話します。実は基本前提といいます。今日は、この辺で。

失敗その1.

チラシの失敗。

「誤字、脱字」・・・

しかも、単位あたりが安いからと大量発注。

なにせ文章のチェックが下手なもので。

あれ以降、印刷物はできるだけ避けてホームページで。

印刷する場合は少し足りないくらいの部数で。

を心がけています。

 

失敗その2

起業当初「ワークプレジャー、Workpleasure」という、就活生向けの就活支援をやっていました。2013年当時はまだ、就職にみなさん困っていたので。

1年間で10名ほどしか、仕事になりませんでした。

でも、10名は就活成功してとても喜ばれました。

これはNLPコーチングとマネジメントのパワーですね。

この2つをもつ、キャリアカウンセラーはまずいませんので。

でも、ビジネス的には全く収益が出ず失敗。

この時の教訓が2つあります。

ひとつは、大塚商会時代一緒に仕事をした人からこう言われました。

「なぜ奥野さんは企業コンサルというキャリアがあるのにそれを全面に出さないのか」

そうなんです。起業時は自分の最も得意なものをださないとビジネスモデルがまわりません。

ですから、このアドバイスもあり市場も売り手市場に転換しているので、就活支援は1年でやめました。コンサルに集中です。

そして2つめ、これは怖いですよ。

人と同じで起業も第一印象は強烈です。

1年しか就活支援をしていないのに、勿論その一年もコンサルはやっていました。

なのに、

起業後3年4年となっても、「奥野さん就活支援しているんですよね」

と言われました。

第一印象。

強烈だからこそ、それを使うのです。

今ならこうやってお話できます。当時は意識すらなかったというのが正直なところです。

 

さて、なぜ就活支援をしたか。

じつは自分の娘が就活の年だったのです。

きっと苦労するだろうな。

そして苦労してました。

いくつか自分が主催した就活イベントに参加させました。

成果はなかったようですが。

 

そして、これらの失敗は大きなツケとなったのです。

それは次回ということで。

 

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾

の説明会日程を決めました。

3月10日、17日(土) 14:00〜16:00です。

いずれかご都合のよい日に来て下さい。

お申込みはホームから

お楽しみに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。