シニアSE・エンジニア起業 知っておくべき専門家の使い方

今回は専門家の使い方の話

起業当初は、ある意味何でもやらないといけません。

矛盾するのですが、あるところは専門家に任せるべきです。

あなたが想定する専門家はどんな人が挙がりますか。

司法書士

税理士

社会保険労務士

弁護士

弁理士

中小企業診断士

といったところでしょうか

 

 

専門家にまかせるべき内容は

1.専門家(資格)がないとできない仕事

2.専門家がすれば、スムーズにできる事(時間)

3.専門家のノウハウがほしい

といった内容になります。

上記にあげた専門家は起業後にお世話になるだろう順番に記載しました。

起業時の登記などは、司法書士にまかせて自分は本業に集中しましょう。

起業時に司法書士にかかる費用は20万〜30万くらいと思います。

自分でやっても、そのノウハウはまず仕事にいかされません。

本業に集中しましょう。

 

次にお世話になるのは税理士です。

ここも、任せて自分は本業に集中したいところです。

しかしながら、経理作業はまかしていいですが。内容の把握は必要です。そのような指導をしてくれる税理士が望ましいです。

決算書も自分でできなくは無いでしょうが、ここはまかせましょう。時間は本業につかいたいと思います。

いい税理士の指導は有効だと思います。企業の成長にあわせて相談にのってくれる、指導してくれる税理士は大事だと思います。

そうなんです。実は専門家も、個人というより会社組織にお願いしたほうが私は良いとおもいます。

組織でノウハウを持っている。という意味です。

私の場合は、良い税理士事務所を紹介してもらいました。

次回は税理士から教えてもらったお話をします。

 

次回も専門家の話

お楽しみに。

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾

個別説明会もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です