シニアSE,エンジニア起業 知っておくべき中小企業診断士との付き合い方

今回は専門家 中小企業診断士の話

東京都 中小企業診断士協会 東京支部
東京都 中小企業診断士協会 東京支部 ホームページより

中小企業診断士の特徴

診断士の特徴は他の資格とは違い法律で定められた業務というものはありません。従って、資格があるから出来る業務はありません

幅広い業務に診断士のみなさんは関わっていらっしゃいます

創業、採用、事業転換、教育研修、海外展開、事業継承、廃業

製造業、流通業、IT、小売業・・・

経済産業省、特に中小企業庁との結びつきは強いです

付き合い方

診断士には法律で決められた業務はありませんが、十八番とする業務はあります

その代表が、補助金業務です

補助金を申請する

創業支援、創業融資を頼む

となると診断士の出番です

また、事業継承においてお金の問題は税理士の範囲ですが

事業継承後の経営体制の構築となると診断士の範囲です。一般的な税理士の範囲ではありません

この事業承継のように、専門家が連携する業務もこれから増えることでしょう

とは言っても

誰に頼むのか。です。

診断士に限らず専門家全般、誰に頼むか。が重要です。

「経験があるか」

それも、SE、起業において。IT業界を知っているか。など。

そして、その人にどう頼むか。です。

起業時は集中

起業時は、起業に集中してもらいたい。

このネクストステージ シニア起業サクセス義塾はそのために作りました。

 

次回は、起業して3年目のお話。

お楽しみに。

ネクストステージ、シニア起業サクセス塾

個別説明会もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です