シニアSE,エンジニア失敗の連続にも学びあり

失敗は無い、あるのはフィードバック

NLPのこの言葉(基本前提といいます)にどれほど助けられたでしょうか

今は、自分が必要とする皆さんへお伝えする役割と認識しています

東京は期待しないフィードバックの連続でした。

そのなかで学んだ事があります。

経営革新計画承認企業
経営革新計画承認企業

東京では、大学時代の友人2人が事業をしていました。

その2人に出会えたこと

そして、少しですが事業のお手伝いができたことが喜びです

大学を卒業して30年

やっと学生時代にお世話になったお返しができた。

自己満足ですが達成感があります。

そのうちの1人の会社で「経営革新計画」の申請を通しました。

その経験を生かして、自社でも経営革新計画の承認を得ることができました。当社は大阪府になります。上記はそのシンボルです。

その延長で、日本金融公庫から借入もできました。

予期せぬ成果です。

経営革新計画は中小企業やこれから起業する人にとって、チャレンジすべき内容です。

経営革新計画

1.自分の事業において革新的要素はなにか

2.将来(3〜5年後)を考える。付加価値という業績指標をベースに

という2本柱です。

特に、起業する人にとって計画書にすべき内容です。

ネクストステージ シニア起業サクセス義塾では、最後にこの計画書にまとめるカリキュラムにしています。

ネガティブマインドを強みに変える

NLP的には、「問題、制約は機会」という基本前提があります

一般的に失敗している

苦労している

ネガティブな状態というのは、成長するための機会なのです

「ネガティブを乗り越えた」それこそが、あなたの良さ・強みなのです

もし、乗り越えなかったら、逃げたら

何度でも、波のように襲ってきます

さあ、成長しろ

といわんばかりに

次回こそ日本金融公庫での借入のお話をします

次回もお楽しみに

 

 

個別説明会受付中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です