自力でECサイト制作セット IT導入補助金2019

自分でECサイトを作るメリット

1.売上UP

ECサイトは成長のチャンス

新販路開拓

2.コストDown

2.コストダウン:ショッピングモールへの出店料が不要

3.ショッピングモールからの協力要請(キャンペーン等)が無い

4.新しい機能を自己判断で採用できる

ECサイトは自社の生産性向上の戦略的ツール

ECサイトは中小企業に期待される、生産性向上の具体的なツールです

 

当社はIT導入支援事業者2019です 

補助金が1/2出ます

この機会を活かしましょう→お問い合わせ下さい

注)補助金には適用条件があります。貴社に適切なIT導入支援をご提案します。お問い合わせ下さい。

 

 IT導入補助金2019は期日が迫ってます

1次公募受付は6月12日で終了しました

2次公募は7月17日(水)~8月23日(金)

すぐにお問い合わせ下さい

 

導入後もメンテナンスしやすいWordPress(ワードプレス)でECサイトを構築しましょう

WordPressなら自力ECができる理由 プログラミング不要だけじゃない

ja.wordpress.org

最高の信頼

Web 上の33%のサイトが WordPress を使っています。趣味のブログから大規模なニュースサイトまで様々です。

WordPressでホームページを制作するメリットを以下に挙げます

ブログ機能は標準装備です

ja.wordpress.org

Google Analytics

SEO対策 統計分析

WordPressはGoogleの推奨するCMSです。従って、Wordpressでホームページを創ること自体がSEO対策と言えます。なぜなら、WordpressにはSEOを設定するところがわかりやすく、用意されているからです。
左の図はGoogle Analyticsのホームページの分析結果です。Googleとスムーズに連携できる事がわかります。また、Wordpressのプラグイン(追加機能)であるJetpackを採用しますので、Jetpackの統計分析のも利用できます。

補足 CMSとは

Webサイトの制作に必要な専門知識を必要とせず、テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことが出来るシステムのことです。CMSを導入することで、Webページの作成や更新を簡単に行うことでき、初心者でもWebサイトを運用することができます。

ja.wordpress.org

パワフルな機能

無限の可能性。何を作りたいですか ?

ja.wordpress.org

WordPressには多くのプラグイン(追加機能ソフト)があります

そのなかでも、ECサイトを構築できるプラグイン

Woocommerceは特筆ものです

 

最も重要な事:専門家でなくてもECサイトが作れる

https://ja.wordpress.org/plugins/woocommerce/
wordpress.org/plugins/woocommerce-for-japan/

WooCommerce は、WordPress に構築されたフレキシブルかつオープンソースの eコマースソリューションです

すぐに着手し思い通りのストアを開設できます

  • 商品、お買い物カゴ、清算ページ
  • クレジットカードやその他の手段によるセキュリティ保護された支払い(決済機能)
  • 一律料金配送やラベル印刷などの設定可能な出荷オプション
  • モジュラーブロックにより、サイト全体のコンテンツとコマースを統合
  • 税自動計算
  • Google Analytics、MailChimp、Facebookの統合 SNSとの連携がスムーズにできます
  • 主要指標などを備えた「Central store dashboard」

WooCommerce は、Web 開発者がいなくても、ストア管理者が eコマースサイトを自分で運営できるよう構築されました。

サブスクリプションからジムのクラス、高級車まで

WooCommerce を使えば、すべての形状やサイズの商品はもちろんデジタル商品も販売できます。商品バリエーションの提供や複数設定、即時ダウンロードにも対応しており、アフィリエイト商品のオンラインマーケットプレースさえも構築できます。

ja.wordpress.org/plugins/woocommerce/ 

woocommerce.com/products/pay-with-amazon/?utm_source=wp%20org%20repo%20listing&utm_content=3.6

総合的な支払いオプション

WooCommerce は、主要クレジットカードによるお支払いや、それらに代わる支払い方法として、BACS (銀行振込) や、代金引換にも対応できます。

追加オプションとして、WooCommerce は選択肢として人気の高い Stripe、PayPal、Square、Amazon Pay などです。

 

 

ja.wordpress.org/plugins/woocommerce/

woocommerce.com/product-category/woocommerce-extensions/shipping-methods/delivery-shipping-options/?utm_source=wp%20org%20repo%20listing&utm_content=3.6

国内外に出荷できる

WooCommerce の配送は自由に設定を変更できます。組み込み型の設定を調整することで、無料配送や一律料金配送を設定したり、配送地域を設定して配送先を特定の国に限定または、世界中に向けてストアを開設したりできます。

公式の拡張機能を使うと、Royal Mail、FedEx、Australia Post など国内外の何百もの運送業者が利用できるほか、在庫管理と通販代行業者を統合することもできます。

 

ja.wordpress.org/plugins/woocommerce/

woocommerce.com/storefront/?utm_source=wp%20org%20repo%20listing&utm_content=3.6

テーマとブロックでストアをデザインできる

WooCommerce のストアデザインは、お客様が選ばれたテーマから始まります。無料、有料を含めて何百ものテーマからお選びいただけます。それらの中の1つである Automattic の Storefront は無料であらゆるストアに使用でき、ガイド付きセットアップ中にインストールするように選択できます。

 

ja.wordpress.org/plugins/woocommerce/

スモールスタートで早い効果

導入コンサルティングのすすめ

1.あなたは、自分のビジネスに集中すべき

WordPressは無料で、多くの機能(プラグイン)があります。きっとあなたのビジネスの力になります。ここで重要なことは、最大に効果を出す、最短コースのECサイトを選ぶことです。dすから、導入コンサルティングが必要なのです。あなあは、自分の日jネスに集中すべきで、Wordpressの物知り屋になることではありません。無駄な時間を省いた最善で最短コースをコンサルタントが提案します

2.ECサイトはPDCAがポイント

スモールスタートでPDCAの繰り返し。これがECサイトです。つまり、自社のマネジメントのマネジメント能力を高めることが要求されるのです。

WordPressに対する考え方

●導入後もメンテナンスしやすいWordPressでECサイトをメインにしたホームページを構築します。
導入後はご自身で(自力で)更新をしていただくことを標準に考えています。

●新商品や新サービス、説明会やユーザー会のイベントはECサイトにタイムリーに掲載したいですね。
また、社会情勢や顧客の要望の変化に合わせて、ECサイトをリニューアルしていく事が重要です。
だから「自分でECサイトを使える」ことが重要と考えています。

中小企業の皆様                           

50%OFF

 IT導入補助金は導入コンサルティング費用にも適用されます

 注)当社のホームページは全て税抜き表記です

導入コンサルティング 3つのポイント

1.ホームページやLP(ランディングページ)に対する保守

2.SNS等の導入

3.SEO対策

4.マネジメント(PDCA)指導

 

導入コンサルティング スケジュール

 

IT導入補助金2019は期日が迫ってます

2次公募受付は7月17日~8月23日

この機会を活かしましょう。すぐにお問い合わせ下さい

お問い合わせ

お問い合わせの項目 (必須)
自力でECサイト制作導入コンサルその他