今こそ、Microsoft365でプロジェクト管理

Microsoft 365ベースのプロジェクト管理システム

●IT導入補助金2021のITツールとして登録申請中です

入力一つでOK

今まで

①自分のスケジュール
②プロジェクトの工数入力
③顧客対応報告
少なくとも①~③の2つを重複入力していませんか

Microsoft365ツール Outlook PowerApps等

の活用で1回の入力でOKです
 
 

【システム構成】Microsoft ホームページより

1.Microsoft Common Data Service がデータの保存先です

(Common Data Service は、あらゆるタイプのデータを扱うように設計されており、組織が必要とする—リレーショナル、非リレーショナル、ファイル、イメージ、検索、Data Lake のデータテクノロジーの主要なカテゴリをすべて組み込んでいます。)

2.スマホ画面操作(ユーザーインターフェイス)は、Powerappsを活用しています。もちろんパソコンでも同じです

(Powerappsは、プロセスを最新化して困難な課題を解決するローコードのアプリをすばやく作成して、組織全体の俊敏性を高めます。 )

【特徴と狙い】

多くの中小企業が使用するMicrosoft 製品を使ったシステムです。

だから次の特徴と狙いがあります。

●小さく、すぐはじめる
●色々なデータと接続
●拡張性

●低価格でのご提供

また、Microsoft 製品のバージョンアップにスムーズに連携することが期待できます。
●保守性

対象業種

BtoB型 プロジェクト工数管理:IT業界、製造業、土木建設業  等

機能

1.顧客対応履歴全社共有

顧客対応情報を全社で集めましょう
① 顧客からの問い合わせやクレーム
② 顧客のホームページ情報(画像や動画)
③ 顧客が開くセミナー情報
④ 顧客の業界情報(イベント等)
 
Common Data Service は、あらゆるタイプのデータを扱うように設計されています。

2.プロジェクト工数管理

①プロジェクトの予定、実績工数管理

②関係者間で情報共有

3.個人のスケジュール

①当システムは、個人(自分)のスケジュールデータ元になります

②関係者間で情報共有

③関係者からアドバイスを受けることができます

期待効果

1.テレワークの実現に向けて

クラウド型システムです

2.関係者と情報共有できます

3.効率化

自分の予定と実績入力をすれば

・顧客対応

・プロジェクト工数管理

・自分のスケジュール

にデータが反映します

 

1.顧客対応

2.プロジェクト工数管理

お問い合わせ

    貴社名 (必須)

    お問い合わせの項目 (必須)
    project導入コンサルその他